難関資格試験に一発合格を目指す!効率的に最短で合格!

最短で合格するための準備

 

弁護士、検察官、裁判官といえば、毎年、人気職業ランキングの上位に必ず安定して入っている職業です。

憧れの職業につくためにコツコツ学習をしている方も多い中、やはり司法試験といえば、最難関の国家資格といわれ、過去問や模試やってたら受かるなんて今の時代、そんなに甘いものではないのはおわかりでしょう。

 


司法書士試験、行政書士試験、国家・地方公務員試験についても年々厳しさを増し、合格は容易なことではありません。


いずれもしっかりした基礎知識、応用力、そして、実践として職務を行う上での順応力までも求められるようになってきています。


地方公務員についても、昔のような知り合いのコネなどは一切通用しない時代です。


時間は限られているので、試験日に照準を合わせ、計画的に効率よく学習を進めていかなければなりません。

 

塾や予備校、専門学校など、プロの講師陣による授業を受けることは今や必須です。

試験に合格するためにカリキュラムに基づき計画的に効率よく学習ができます。


講師陣は受験のプロですので、来期試験に向けた受験対策、各試験に合わせた出題傾向、予想問題など、最新情報をベースに日々研究しているのです。


費用はかかりますが、試験を受けるだけでは意味がありません。


合格して初めて憧れの職業に就くことができるのです。


また1年、さらに1年と試験を受け続けたくないですよね。

 


一日も早くデビューし、活躍するため、最短ルートで合格を掴み取りましょう。

 


そこで、まず最初にするのが塾選びということになります。


受験生の皆さんにはお馴染みの伊藤塾ですが、2018年の司法試験では、


合格者1525名に対し1088名が伊藤塾の受講生という驚異的な実績。

 

 

もはや選択の余地なしといっても過言ではありませんよね。


 

 

 

独学の危険性!挫折への道

 

ちなみに、2年、3年かかってもいいから独学で合格すると決めて、試験に挑んでいる方も少なくはありませんが、独学で2年、3年、4年と受けたからといって、合格できるという保証も根拠もありません。

独学というのは、過去問やテキストなどの教材を買いあさり、公開模試は受けるにしても、講義など一切受けずに学習するというスタイルです。


同じ出版社発行のテキストや過去問を全巻揃えて、自宅や図書館で学習し、定期的に公開模試を受験するというのがスタンダードな学習方法かと思いますが教材が揃ったら、まず自分なりに計画を立てます。


今日は民法の過去問とか、何ページまでとか、ある程度こなしたら戻って見直そうとか、まずこの計画の時点でかなりしっかりした計画を立てていかないと後々続かなくなるんです。


それは、進捗を見ると、まだまだ3分の1しか過去問できてないとか、憲法にまだ手が付けられてないとか、要因は色々ありますが、簡単に言うとモチベーション維持ができるかどうかという点が一つあります。

 

本当に自分との闘いになりますから、今日は疲れたから休みにしようとか、ここまでにしようとか、全て自分で自分をコントロールしなければならないのです。

 

 

今年こそ、来年こそ、今度こそ、と受験が長引けば長引くほど精神的にもしんどくなりますし、教材も最新のものをまた買わなくてはならないといった費用面での負担も必然的に増してくるので、最短で合格を勝ち取りたいところです。

 

 

また、法律系資格試験が独学に向かない理由に、法改正が目まぐるしく行われ、施行前、施行後の条文から出題される傾向があるからです。

 

 

自宅で学習しながら官報で法改正をいちいち確認している受験生はいないと思います。

 

彼らの多くは、法改正があったらあったでいいや、その分、他で点数をとればいいや、といった安易な感覚の受験生が多いのではないでしょうか。

 


その点、予備校や塾、専門学校などは、プロの講師陣が常に最新情報を取り入れ発信していますので、独学生には不利と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

伊藤塾の驚異的な実績!

 

法律系の資格試験合格を目指すなら、皆さんご存知の伊藤塾が選択肢の上位に入ってくるかと思いますが、まず、その魅力と人気の秘密がどこにあるのか考えてみましょう。

 


伊藤塾と言えば、2018年の司法試験での実績が、全合格者数1525名に対して、そのうち、1088名が伊藤塾の受講生という驚異的な数字です。


司法試験はもちろん、司法書士試験、行政書士試験、地方・国家公務員試験など、法律系の資格試験に特化しており、数多くの合格者を排出しているという経験値から、対応力、個別の傾向など様々なデータを活かして更に合格者を増やすことが可能であり強みとなっている訳です。

 


法律系の資格試験に特化しているので、法改正はもちろん、判例や解釈など問題を解く上で必要となる能力も身に着くカリキュラムがあるので、高得点がとりやすくなるというのも特徴の一つなんです。

 

 

また、受験勉強というのは、自分との闘いという要素が強く、どれだけモチベーションを維持できるか、最後まで諦めず、挫折せず学習ができるかという点が大きな壁になってきますが、伊藤塾では、講師陣や同じ受講生などとのコミュニケーションも積極的に行うことで、受験勉強に対してのモチベーション維持も図っており、通塾することによって私生活とのメリハリもつき、質問、相談などし易い環境の中で学習ができる仕組みを作っているんです。

 

ただ、仕事をしながら、日中は働きながら学習して、資格試験を受験しようという方も、多くいらっしゃいます。

 

 

 

時間を作って通塾できる方、通えないけど伊藤塾を利用したいという方も多く、伊藤塾では、Web講座もやっているんです。

 

Web講座においても、学習のみならずモチベーション維持もしっかりサポートして合格へと導いているので、安心して受講できますね。

 

 

【伊藤塾の公式ページはこちら】


更新履歴