司法試験の仕組み

裁判官、検察官、弁護士といえば、憧れの職業、将来なりたい職業で常に上位にランキングされています。
昔からドラマや映画などでも裁判、捜査、弁護人などを題材にしたものが多く放映されていて、カッコいい、世間体がいい、収入がいい、安定、ヒーローなどいいイメージが多いですよね。
しかし、これらの職業に就くためには、国家試験の中でも最難関と言われる司法試験に合格しなければならないのです。

何といっても最難関ですから、合格するのは容易ではないことは明らかです。
今年こそはと、毎年、毎年、何度も受け続け、合格に至らず挫折する人も多いことでしょう。
長年学習を続けていると、確かに知識は豊富になりますが、司法試験に合格しないことには、実務家として活動できないし、ただの物知り法律オタクにでもなってしまいます。
法律を知っていて無駄なことはありませんが、実務家を目指すからには、裁判官、検察官、弁護士として活躍して夢を叶えたいですよね。
何年も試験を受け続けることで、知識は増えますが、精神的にまいってしまい挫折してしまう人も多いのです。
目指すからには、効率よく学習して短期で合格を掴み取りたいものです。
まずは、司法試験の仕組みから理解しましょう。
司法試験も2011年に制度が変わり、受験するためには、法科大学院課程修了者及び司法試験予備試験の合格者が対象になります。
裁判官、検察官、弁護士になろうとする者に、必要な学識、応用能力を備えているかどうかを判定するための国家試験ということです。

つまり、司法試験に合格するためには、まず司法試験を受験するための準備が必要ということになります。
狭き門ですから、大量の情報量と学習量、そのための膨大な学習時間が必要になってきます。
受験生には、学生、社会人、主婦、浪人生など皆さん様々な環境で学習されています。
毎日20時間の学習時間を確保できる人もいれば、仕事をしながら隙間時間を使ったり、夜中に起きて学習したり、主婦業をしながら同じく空いた時間を使って自宅学習する人もいたりと、置かれている環境は皆さん様々です。
独学での合格は厳しいとされる中、司法試験短期合格を目指すための第一歩である「塾選び」で紹介した伊藤塾では、通塾以外にもWeb授業でも多くの合格者を排出し、このような様々な環境の受験生をサポートできる体制を整えているんですね。
また、生活環境が違えば、受験生としての立場も違います。
法律の学習が全く初めての方もいれば、予備試験に合格している方もいるし、受験生の置かれている立場も皆さんそれぞれですよね。
効率よく学習を進めていくためには、学習の進捗によってスタートラインも違う訳ですから、当然、内容、カリキュラムも変わってきます。
そのあたりも、伊藤塾ではしっかり網羅されており、個々にあったカリキュラム、コースを用意しており、個々にあった学習が始められるという訳です。

 

【伊藤塾の公式サイトはこちら】


 

驚異的な合格実績を誇る伊藤塾で、最短合格のルートに乗ってしまうことが、難関国家試験である司法試験に合格する一番の近道なのでしょう。
裁判官、検察官、弁護士など憧れの職業に就くために、目標に向かって一直線に歩んでいきましょう。
司法試験合格を目指している方にとってはかなりの余談になってしまいますが、予備知識として、実務家から実務家への道というものもあります。
例えば、国家公務員の身分から検察官(副検事)の試験を受け、更に副検事の身分から検事(特任検事)、裁判官(簡裁判事)へと進むという裏ワザ的な発想もあるんです。
ただ、これらは、実務家としての経験などの受験資格は当然あるので、目標が決まっている受験生にはかなりの遠回りになってしまうので、あくまで予備知識として覚えておいてください。