実務に近い内容で出題される司法書士試験!出題傾向を捉えて応用力を身に着ける!

国家試験の中でも人気が高いのが、この司法書士試験です。
司法試験よりは難易度が低いのですが、年々難易度は上昇し、出題内容も専門的知識を問われ、より実務に近い形で出題される傾向があります。

 

ですので、司法書士試験の場合は、試験合格レベルの知識があれば実務家としてのスタートも切りやすいという利点もあり、合格後を見据えて学習に取り組むことになります。
逆にいうと、登記に関する出題などは出題パターンを捉えて応用できるように訓練していれば、得点も取りやすいということになります。

司法書士試験も司法試験同様にかなり、狭き門になっていますので、独学ではなかなか厳しい試験といえるのです。

 

独学の場合、過去問やテキストなど書店にたくさん並んでいますが、買い揃えて自ら計画を立てて学習を始めます。
難点は、出題科目が多いこと、モチベーションの維持が難しい、法律系資格試験の中でも、特に専門的で実務に近い出題がされるので理解に時間がかかることなどが上げられます。

また、出題範囲についても全11科目と記述式が2科目と、かなり広範囲からの出題となり、基礎知識だけでよい科目、深い理解が要求される科目など様々で、効率のいい対策と訓練が必要な試験となります。

範囲が広いだけに計画的な学習とモチベーション維持が不可欠となり、方法を誤ると合格ラインに届かず、年に1回の試験ですから、また1年後となってしまいます。

その間、法改正や制度の改定なども多く、独学で難しいと言われる特有の最新情報の収集も壁となってきます。

また、最新の過去問やテキストなどの買い替えも余儀なくされ、教材費の出費があり、モチベーション維持も困難な状況に陥ることになります。

 

ここでお薦めしている「伊藤塾」は、法律系資格試験に特化した塾で、講師陣は、法改正など最新情報はもちろん、出題傾向や予想問題など的確に効率よく学習ができる環境を用意し、最短で司法書士試験に合格できるよう日々研究しているんです。
伊藤塾の公式ページはこちら


 

伊藤塾といえば、司法書士試験用の教材、過去問も多く取り揃えており、優良教材として多くの受験生が利用していますね。
法律系資格試験に特化したこの伊藤塾は、司法書士試験に関しては、2018年の試験では、最終合格者数621名に対し、伊藤塾の受講生の合格者は334名で、54%という驚異的な実績を上げているんです。

 

そこには、試験問題の分析、出題傾向、予想問題等、日々の研究の成果や全員が司法書士試験合格者という講師陣の実力にも、この驚異的な合格率の秘密があるのは納得ですね。
司法書士試験は、1年に1回です。

一発勝負で短期合格を掴み取ってください。