目指せる!行政書士試験、最短合格!

行政書士試験は、正に短期集中で短期合格を目指せる試験です。
最短6か月での合格を目指すスタイルも現実的なお話です。
行政書士といえば、官公庁への許認可に関する書類提出や、契約書、交通事故調査報告書等、権利義務または事実証明に関する書類作成業務を行いますが、漫画やドラマなどでも取り上げられ、身近な法律家としても人気のある士業です。

 

司法書士試験よりはハードルは低いとされますが、独学で過去問やテキストに目を通して、いざ試験といっても簡単に合格とはいかないのは当然です。
独学で2年〜3年受験を続ければ手の届く国家資格とも言われますが、やはりお薦めはできません。
法律資格試験に特化した伊藤塾では、しっかりモチベーションを維持し、きちんとしたカリキュラムに従って計画的に学習をすすめることで、最短6か月での合格を目指していきます。

 

闇雲に時間を費やして、いつか合格するだろうという甘い考えでは、モチベーションも続かないし、いつから士業としてスタートが切れるのか、周囲の受験生が一発で合格を決めていれば、既に士業としてのスタートは遅れていくことになります。
短期合格が目指せる試験だからこそ、そのカリキュラムに乗っかることが最大のメリットとなることでしょう。

 

将来の構想として考えられるのが、行政書士試験に合格した後、司法書士試験に挑むという受験生も多いようです。
ダブル資格を取得することで、業務の幅も広がり、活躍できる範囲も広げたいという考えの先生も多いんです。

 

行政書士試験の受験勉強は、当然、知識の下積みとして司法書士試験を受験するためにはおおいにベースになるので、折角法律を学んでいるんだからダブル資格を取得してしまおうという考えの受験生も多いですね。



伊藤塾では、行政書士講座には、最短最速6か月で合格というコースも設け、効率よく最短で行政書士資格が取得できるというものです。
行政書士試験のテキストといえば、伊藤塾の「うかる!行政書士」など、行政書士受験対策のベストセラー書籍が多数ありますが、それも全て元は伊藤塾の講座にあるので、講座を受けることで行政書士に合格するための凝縮された内容の知識を習得できるのです。

 

【伊藤塾の行政書士講座公式ページはこちら】
『行政書士』になるなら法律資格専門の受験指導校・伊藤塾!

 

また、伊藤塾では、行政書士試験、最速最短6か月合格コースのほか、時間がない社会人の受験生のための講座などもあり、働きながら行政書士の資格を取得したいという社会人も多いことから、効率よく学習して最短合格を目指します。
「時間のない社会人」向けの行政書士試験対策講座の決定版!

 


   行政書士試験の難易度

 

行政書士試験の難易度ですが、近年では合格率が8%から15%とかなり幅があるのが特徴です。
つまり、合格者に定員を設けていない試験なので、試験の難易度が顕著に合格率に反映されているのです。

 

出題科目が幅広いため、断片的な知識だけでは通用しない内容になっており、判例、解釈等法律資格試験特有の学習の難しさがあるのも大きな特徴となっています。
試験前の学習量のほか、質を高めて様々な形式の問題に対応できる応用力を備えていなければならないのです。
試験の出題範囲を網羅し、出題傾向も捉えながら学習を進めていく必要があるということです。