合格することだけに意識をおくことが重要!

法律系試験を学習するに当たって重要なことは、合格することだけに意識をおくことです。
裁判官や弁護士、検察官を目指す受験生は、よく自分の将来像を描くことと思います。
法律の専門家になって活躍するということ、将来像を描くことはモチベーションを維持していく上でも素晴らしいことです。
しかし、法律系試験を学習する受験生が陥りがちなのは、法律の専門家になる、せっかく法律を勉強しているのだから、即戦力として活躍できるよう全ての法律をマスターしようなどと考え、広範囲に渡り学習しようと考えるんです。
すると、学習量学習時間もどんどん増えていき、結局重要なポイントを押さえることなく試験を迎えることとなります。
しっかり認識しておくべきこと、裁判官も弁護士、検察官も知らないことはたくさんあるということ、事案ごとに常に条文を引き、判例を見ながら、試行錯誤を繰り返しているということです。
学習方法を誤ると、何度も受験を繰り返すこととなり、結局はただの法律オタクで終わってしまう危険もあるので、まずは合格することだけに意識をおいて、効率よく学習をすすめていきましょう。

 

 

 司法試験! 必勝! 厳選教材! 

 

速習短答過去問(ソクタン)シリーズ
受験生必須の速短シリーズです。
初学生はもちろん、日々の学習取込んで効率よく知識を肉付けしていく受験生必須のアイテムですね。
とにかく数をこなして、どんどん肉付けしていきましょう。
民法から憲法、刑法、行政法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法まで揃っているので、持ち歩いてもよし、隙間時間でこなしてもよし。
速短はこのシリーズで押さえておきたいですね。

 

試験対策問題集シリーズ
予備試験論文問題集や短答問題集など、基礎編から応用編まで網羅されているので、短期で合格を突破したい受験生にもお薦めの教材です。
論文試験は避けてはとおれません。教科が異なっても解答へのプロセスを定着させることが合格への近道となるでしょう。

 

判例シリーズ
司法試験に限らず、法律資格試験では特有の判例。
今や最高裁の判決の一部分を知っているだけでは通用しないと言われていますので、重要判例の経緯から要旨までポイントをしっかりと押さえておく必要があります。重要判例については、どこの塾でもどの受験生もライバルは皆学習していますので、しっかり習得しておきましょう。

 

条文シリーズ
条文!法律を学ぶ上で必要不可欠です。
六法全書を片手に学習してる受験生もいるかと思いますが、条文を引く習慣は重要なことですが、受験生として大事なことは、条文を引き判例に触れ解説を確認する。その繰り返しになります。
条文の解説は必携アイテムですので、優良教材をお薦めします。

 

入門シリーズ
これから法律を学ぼうという方、受験勉強真っ最中の方でも、法律を学ぶ上で大切なことというと、体系全体像を捉えることと言われています。
ですから、法律初学者の方はもちろんですが、壁にぶつかってしまって時、一度立ち止まって遠目で全体像を確認することです。
全体像を見ることによって、頭の中が一度整理され、また学習に励めることでしょう。

 

その他のうかるラインナップ
択一過去問集短答式一問一答論文・口述対策シリーズ司法試験関連書籍など、今あなたが必要とする書籍が必ず見つかりますので、チェックしてみてください。
教材選びは、学習をするめるに当たって重要となりますので、厳選された優良教材を揃えて、必ず合格を勝ち取ってください。
司法試験最強アイテム!厳選優良教材はこちら

 

教材選びは、受験に当たってとても重要なことです。
しかし、ここで時間をとりすぎず、早く学習に取り組みたいところです。
書店で選ぶのも一つですが、手間と時間がかかってしまいます。
また、虫食い状態で全巻揃わずに発注するといったこともよくありますね。
最短合格ナビで紹介している厳選教材は、全て伊藤塾公式サイトからの通販になりますので、欠品もなくスムーズに手に入れることができるので、余計な手間と時間をかけずにスムーズに学習を進められるので、ぜひ活用してみてください。
伊藤塾の厳選教材公式ページはこちら