独学でも合格ライン!厳選!優良教材!

行政書士試験は、1年に一度で、年齢、学歴、国籍に関係なく誰でも受験できることで人気の試験です。
合格に向け、まずやること、教材選びですよね。
各科目のテキスト、過去問、条文解説、判例など、書店に行くと、たくさん並んでます。
どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。
行政書士試験の特徴ですが、法律系科目からの出題、政治経済、社会などからの一般知識の出題となりますが、法律系試験の難しさと言うと、広範囲に及ぶことから、法解釈、重要判例などを効率よく学ばなければなりません。
また、目まぐるしい法改正にも対応していかなければいけないという点も法理系試験の難しいところです。
学習方法を誤ってしまうと、要点を絞り切れずに膨大な時間を費やしてしまい、結果、合格には届かずにただの法律オタクになってしまうということもあります。
しっかり学習計画を立てて、効率的に学習を進めていきましょう。
スタートラインとして、合格するための教材を選んで、早速、学習に取り組みましょう!

 

人気シリーズ!うかる行政書士!

こちらの人気シリーズ「うかる行政書士」ですが、近年売上トップクラスともあり、行政書士試験では定番となっている人気のシーリーズです。
行政書士試験における入門書から総合テキスト、年度別過去問、要点を絞った問題集、解説本など、行政書士試験を突破するための教材が揃っています。
既に法律の学習を始めている方も、これから法律を学ぼうとしている初学者の方にも幅広く対応している書籍となります。
法律の学習は、本当に範囲が広いので、一点に着目し過ぎて時間だけが経過してしまうという受験生が陥りがちな法律試験特有の難しさがあります。
一度立ち止まって、全体像を見る、体系的に捉えることを繰り返して壁を越えていきましょう。

 

行政書士は、独学で合格を勝ち取っている受験生も中にはいますが、やはりしっかりした学習計画と学習量モチベーションの維持を行ってきた結果であり、司法試験や司法書士試験などと比べると難易度はやや低めではありますが、そうそう簡単には合格ラインまで達することはできません
伊藤塾では、このように定番の人気シリーズを発刊していますが、基になっているのはやはり塾です。
効率よく要点を絞った学習ができて、実績あるプロの講師陣が受験生を合格へと導きます。
短期集中で一発合格を確実に狙うのであれば、通塾、あるいはWeb授業の方が確実であることは間違いありません。
講義の場合は、「短期集中講座」など、個々にあったコースが用意されているので、自分にあったコースを選んで最短ルートで合格を勝ち取りましょう。

 

伊藤塾の公式ページはこちら